概要

パンパシフィック ホテルズ グループの一員として私たちは、自分たちのステークホルダーにとって正しいことを行うことが、企業としての社会的責任であると考えます。

これには、私たちのスタッフと顧客、招待客との有意義な関係を築き、維持することに加え、環境や地域社会に対し継続的に関与していくことが含まれます。


パンパシフィック ホテルズ アンド リゾーツの文化

パークロイヤル ホテルズ& リゾーツは、すばらしいホテル、すばらしい人々、すばらしい関係性を通して「心に刻まれるホテル エクスペリエンスを創造する」ことを目指しています。

私たちのホテル、リゾーツ、サービススイートでは海外からいらっしゃる数多くのお客様へサービスします。そのため、お客様や顧客、パートナーに対して優れたエクスペリエンスを提供するには、スタッフが文化や、価値観、考え方、エクスペリエンス、スキルの上での多様性を深く理解し、受け入れることがとても重要になります。信頼ある旅先でのパートナーとして、お客様、顧客、パートナーにサービスするためです。

「多様性を認識し、大切にしながら、オープンにコミュニケーションし、協力し合う」ことは、私たちの価値観の根幹をなし、常に行動の指針となります。

当社のビジョン、目的、価値観の詳細は、こちらをご覧ください。


私たちのスタッフに対する約束

パークロイヤル ホテルズ アンド リゾーツは、人種、肌の色、年齢、宗教、性別、出身国、障害、遺伝子情報、性的指向により、またその他、法律により保護されている条件またはステータスにより差別を行うことなく、均等な雇用機会を提供し、スタッフに対しその真価と資格、能力と業績に基づき報酬を与えるべきであると考えます。

非差別方針は、雇用関係のすべての面で適用され、これには、募集、選考、配属、転属、昇進、一時帰休、解雇、研修、労働条件、福利厚生、報酬のすべてが含まれます。

パークロイヤルのすべてのスタッフおよび応募者は、雇用機会における完全な平等を保証されます。 つまり、パークロイヤル ホテルズ アンド リゾーツは、その雇員や応募者を、法に規定されている、いかなる条件に基づいても差別しない、ということを意味します。 経営陣が行うすべての募集選考、配属、研修の決定は、候補者の業務関連の能力とポストへの適性に基づき行われます。


私たちの環境に対する約束

シンガポール、マレーシア、ベトナム、ミャンマー、オーストラリアでホテル、サービススイート、リゾートを展開するパークロイヤル ホテルズ アンド リゾーツは、その事業が環境に与える影響を深く憂慮し、責任ある態度で環境に優しい業務運営を推進することを宣言しています。

2013年に待望のオープンを果たしたパークロイヤル ピッカリング、パークロイヤル コレクション ホテルでは、環境に優しい運営に特に力を入れています。 雨水貯留、エネルギー・水の利用を調節する自動センサー、景観照明電源用太陽電池など、環境にやさしい特性を開発に取り入れています。 熱帯のガーデンホテルの生物多様性、印象的な空中庭園、緑のカーテン、滝、さまざまな植物をプラスした豊かな緑が、その際立った特徴です。

オープン前ですら、パークロイヤル ピッカリング、パークロイヤル コレクション ホテルは、シンガポール建設局から環境分野で最高位のグリーン マーク プラチナ認定を取得しています。 この認定を陰で支えているのは、受賞歴を誇るWOHAの建築家たちです。今回の開発で、人口密度の高い都市環境における景観整備と緑の草木の量を測る新たなベンチマークが設定されました。

パークロイヤル ピッカリング,パークロイヤル コレクション ホテルはそのほかに、「太陽光発電パイオニア賞」も受賞しています。この賞は、シンガポールの経済開発局およびエネルギー市場が率いるクリーン エネルギー プログラム オフィス(CEPO)が授与する賞です。 3年目に、シンガポールでほかに先駆けて行われた太陽光発電設置が、システム設計、規模、設置技術の革新性を称賛されて太陽光発電パイオニア賞を授与されています。 特に称賛されたのは、エネルギー効率の良い空調システム、環境に優しいLED照明の使用、屋外の熱と騒音を遮断する高性能合わせLow-E複層ガラスでした。


私たちの地域社会に対する約束

パークロイヤル ホテルズ アンド リゾーツは、慈善目的のミッションや、ボランティア活動、寄付の呼びかけを通じて、私たちの価値観を形にし、周囲の人の協力によるお世話や助け合いを、また、恵まれない人々の困窮に対する強い思いやりの心を育てる活動を積極的に奨励しています。

パークロイヤルは青年の教育、家族と子供に焦点をあてた多くの活動を実施しています。 特にパークロイヤル ヤンゴンはマハガンダリワン モナスティック エデュケーション スクールと長期パートナーシップを結び、定期的に資金を調達してきました。教室建設、教師の給与、児童500余名分の教科書と文房具の費用を助成するためです。

また、毎年、「ユース アート アワード コンペティション」を開催して、ミャンマーでアーティストを目指す若い才能の発掘と、ビルマの芸術文化推進を行っています。