ムルデカ・スクエア

デタラン・ムルデカ(Detaran Merdeka)は、マレーシアの歴史において非常に重要な地位を占めています。植民時代に人気が最も高かったころ、英国人の社交の中心地であり、またクリケット場でもありました。以前はセランゴール・クラブ・ペダンという名前で知られていました。マレーシアの多くの歴史遺産と同じく、デタラン・ムルデカ周辺の建物には過去の雰囲気、特に植民地時代の名残があります。

セランゴール・クラブ(Selangor Club)は、この広場の片隅にあり、昔は英国人居住者たちの社交の場でした。テューダー風建築は興味深く、この広場に趣きを加えています。すぐ近くには、ネオゴシック建築のセントメリー聖堂がありますが、この聖堂は100年以上前の建築です。
パークロイヤル・クアラルンプールは、マレーシアのクアラルンプールにあるホテルで、大都市での快適な宿泊を保証する様々なアメニティに加え、ムルデカ・スクエアの近辺でもあります。

最新のパッケージ