近日オープンするパークロイヤル・オン・ピッカリングは、地元と海外に旋風を巻き起こします。

2012年5月23日シンガポール 本日パンパシフィック・ホテルグループ は、パークロイヤル ホテルの旗艦ホテルであるパークロイヤル・オン・ピッカリングがシンガポールの建設省 (BCA)からグリーンマークプラチナ賞を受賞したことを発表いたします。.

グリーンマーク構想は、 エネルギーや水の効率性、環境保護や屋内環境の質を促進するために持続可能な特徴を採用し実践している建築物の認定を行っています。これには4段階の評価がありますが(認定、ゴールド、ゴールド、プラチナ)そのうち、グリーンマークのプラチナ賞は、シンガポールのグリーン建築物に与えられる最高の評価です。



/パークロイヤル・オン・ピッカリングは、国際的に認められた建築会社WOHAによる設計で、地所全体で環境に関する理念と要素を統合することに焦点を置いたホテルであり、 「庭園の中のホテル 」というコンセプトを持っています。
中央 ビジネス地区と ラッフルズプレイスの金融街の中心の主要な入口に位置するホテルでは、印象的なスカイガーデンの中にふんだんな緑の木々が 15,000 平方m にも広がり、プールや滝、プランターテラス、植物の這う壁などの姿を映し出しています。

他のグリーン特性としては、 雨水や自然光を採り入れた優れたエネルギー効率の空調システム、庭園灯の電力源となる太陽電池の他、一酸化炭素レベルやエネルギーと水の使用を調整する自動センサーなどがあります。

これらの特性を備えたパークロイヤル・オン・ピッカリングが12月にオープンすれば、緑の樹木で効率的に周囲の温度を下げ 空気の質を強化し温室効果ガスを削減することになります。 (ホテルのグリーン特性のリストについては巻末をご覧ください。).

「オープニング前にパークロイヤル・オン・ピッカリングが受けてきた賞賛と注目は、チームの士気を高める本物の力となっています」とパンパシフィック ホテル グループの社長兼最高責任者ののパトリック・インバーデリは述べます。

当グループの目的は、全てのハード面ソフト面での基準やこの見事なホテルにまつわるすべてをブランドの約束を実施するために集結させて、熱意をもってオープニングを期待してくださるお客様や全ての方のご期待に適うものとすることです。

パークロイヤル・オン・ピッカリング は、「庭園の中のホテル」という 独自のコンセプトで話題となっています。つい先月に、このブランドを定義するホテルが未来のホテルの中の驚くべき建築物として Forbes.com から賞賛を獲得し

「地上の7 つの驚くべき建築物」に選ばれました。

このストーリーでは、世界を代表する最先端の建築トレンドを持つ7軒のホテルを紹介しています。
当ホテル は、昨年シンガポールのエネルギー革新プログラム局から太陽光パイオニア賞も受賞しています。

太陽光エネルギーを設計に統合するという歴史的で革新的なアプローチを行っている当ホテルは、 シンガポールで初めて太陽光システムを取り入れたホテルです。 強力な 60kWp の太陽光電池の設置で、グリッド電気の使用を補いグロウランプやスカイガーデンの夜間照明に電力を供給し貴重な再生不可能な資源の消費を削減しています。

この象徴的なプロジェクトのもう一つの見どころは、 1日中ご利用可能なスパ、 300m に及ぶ自然の小道や滝沿いの道、広大なプール テラス、最新のジムを備えた専用のウェルネスフロアです。 ホテルには、オープンキッチンコンセプトを持つ現代的なアジアのビアホールと壮大なボールルーム 、最大 500名のお客様を収容できる4室の会議室があります。

パンパシフィックホテルグループでは、 現在 13のパークロイヤル ホテル、リゾート、サービスド・ スイート をオーストラリア、マレーシア、ミャンマー、 シンガポール 、ベトナム (開発中のものも含む)で所有し運営しています。グループは、 シンガポールにおいてパークロイヤル・オン・ビーチロード、パークロイヤル・オン・キッチェナーロード、パークロイヤル・サービスド・スイート・シンガポールを所有し運営しています。

各パークロイヤル ホテル では、その土地の精神と特性を反映しており、本物の創造的なデザイン、現代的な快適さ、注意深く惜しみないサービスを通じて地元の生活の醍醐味と 旅行客の皆様をおつなぎしています。

The パークロイヤル ブランドは、本年度末に パークロイヤル・サービスド・ スイートグリーンシティ、上海で中国にもデビューします。

巻末

数字に見るパークロイヤル・オン・ピッカリングの持続可能な特性

16階建てのホテルには5つの美しく造園したガーデンがあり15,000 平方m もの樹木が生い茂っています。緑陰樹や花をつける背の高いヤシの木、葉の生い茂る灌木、垂れ下がる蔓植物が植えられているため、客室や内部の空間に直接緑樹をもたらします。

給湯用の従来の電気式暖房装置の代わりに熱ポンプを使用することで70%のエネルギー削減を達成。

客室の通路の50%は熱帯樹木の木陰にあり、ウォーターフィーチャーの脇にあるため、24時間空調システムの使用を節減します。

LED (発光ダイオード)電球 と5種類の蛍光灯の使用により、照明用電力を20%節減します。 ホテルの通路やロビーなどのパブリックエリアでは、自然光を取り入れています。.

ホテルのエネルギー保護の特性により、シンガポールの680世帯分の年間消費電力にあたる毎時350万キロワットのエネルギーと同等の電力消費が節約できます。 これらには、必要時に補充電燈をつけてモニターするフォトセンサーやモーションセンサーの設置、ホテルのスカイガーデンにあるグローランプと生垣用照明の電力供給用の太陽電池デバイスの設置が含まれます。

ホテルの水保護用の特性により、オリンピックサイズのスイミングプール32.5個分に匹敵する65,000 立法 メートルの水が節約できます。これらには、効率的な水関連装置と水漏れ検知や水使用に関するモニタリングシステムの設置が含まれます。

パンパシフィック・ ホテルグループについて
パンパシフィック ホテル グループは、 シンガポールで上場している UOL グループ Limitedに属する上場ホテルです。グループは、傑出した投資と開発を行うアジアで最も認められたホテルであり不動産会社です。 シンガポールに拠点を置く パンパシフィック・ ホテル グループは、アジア、オセアニア、北米で開発中のものも含めると、10,000室の客室を備えた30軒のホテル、リゾート、サービスドスイートです。グループ には、パンパシフィックとパークロイヤルという2つの有名ブランドがあります。 パンパシフィックはアジアと環太平洋の一流ブランドであり、高級な宿泊施設とサービスを提供しています。 パークロイヤルは、都心やアジア太平洋地域の興味深い土地に数々の快適な レジャー用 ビジネス用のホテルとリゾートを所有しています。さらに詳しい情報は、こちらをご覧ください。 pphg.com.

メディア窓口:
パンパシフィック ホテルグループ

Elaine Heng
コーポレート・コミュニケーション・マネージャー
DID: (65) 6808 1269
Fax: (65) 6821 8001
elaine.heng@pphg.com

Chan Hse May
コーポレート・コミュニケーション・ディレクター
DID: (65) 6808 1265
Fax: (65) 6821 8001
chan.hsemay@pphg.com

最新のパッケージ