統一会堂

ベトナムの統一会堂(Reunification Palace)は、ゴ・ディン・ジェム大統領が1962年に暗殺されるまで、邸宅として使用した建物です。北と南ベトナムが統一したことにちなんで名づけられたこの建物は、ベトコンの戦車が門を破って突入した際の、サイゴン陥落を象徴する最も重要な施設のひとつとなりました。過去には大統領の邸宅でしたが、現在では博物館になっています。この邸宅は、南ベトナム政権の重要な象徴のひとつだったのですが、今ではこの国の統一を表すシンボルとなっています。

この邸宅は当時において近代的だと考えられた様式で建設されましたが、現在の小学校に多く見られるような外観をしています。観光客は、大統領執務室だけでなく、私室、ダイニングルーム、娯楽室も観覧することができます。この施設で最も象徴的な見所は、当時の大統領邸宅の門扉を破った共産主義者たちの戦車です。

階数は5階建てで、3階にはカード遊技場として使用された部屋があり、4階はダンス専用のフロアでした。かつてカジノが営まれていたこともあります。

この建物の中で見逃せないのは、通信機器と古い地図で埋め尽くされた戦争司令部です。地下は迷宮のように入り組んでおり、戦争時代のプロパガンダのほとんどすべてを展示しています。記録映画がいくつかの部屋で異なる言語で映写されています。

この邸宅には、今でも主だって重要な行事で使用されているカンファレンスホールもあります。特筆すべきは、観光客がこのホールに入った時に目にするのは、フロアを覆うみすぼらしいカーペットなのですが、これは保護を目的としているためで、実際のイベントが行われる際には、実際のカンファレンスのゲストを迎えるためだけの豪華なカーペットが敷かれるのです。

この名所に近いホーチミン・シティの数多くのホテルの中でも、パークロイヤル・サイゴンは、お客様の滞在中に楽しんでいただくための、豪華な宿泊施設、温かなサービス、そして様々な優れた設備を提供するホテルです。

最新のパッケージ